シミやシワとは異なって、くすみのデメリットというのは認識しづらい分だけ手を入れずに見落とし気味。

しかしながら「何となく疲労してる?」「顔色良くない?」と言われたり思ったりしていないでしょうか?

明るさやツヤが消え去ってくすんだお肌は、それのみで実際の年齢と見比べて加齢が進んだイメージをもたらしてしまうこともあるそうです。

くすみ対策、スキンケアだけでは不十分

 

40代に入ってからさ前触れなく心配になり出したくすみに、慌てふためいて美容液やマスクといったものお肌の上より美容成分を加えることによって対応しようと考えている方も大勢いることも考えられます。

実際には肌のケアだって重要ですが、実際のところ若い時にくらべて血流不良の状態で暮らしてきたお肌は栄養成分がしっかりと達しない状態に陥っています

血色がしっかりしていてくすみのないお肌は、お肌の下に流れる毛細血管の血液の色がくっきりと、少しだけ赤みを帯びてるのです。

その反対に血の巡りが悪いのなら青白かったり、くすんで生じたりしてしまうわけです。

さらに血行障害によって血液やリンパの流れが滞ると、体全体の細胞に十分な酸素や栄養成分を送る事が不可能になりるのです。

すると、お肌の新陳代謝に時間が掛かりなり、28 日ではがれとれていくこととなっている死んだ角質細胞がお肌に居座り続けるのです。

こういった不要な角質細胞はメラニンを含めて黒っぽい色をしているため、お肌をくすんで見せるもうひとつの背景に。

新陳代謝の崩れはくすみばかりかシミやシワだったりありとあらゆる肌ダメージが発症するから、血行障害というのはお肌においては天敵というわけです。

顔筋マッサージで血行不良を解消!

血行障害によって角質肥厚の状態になったお肌は、どれだけ高い評価を得ている化粧品を利用してもお肌の奥の方まで成分が行き届かないで効き目がきちんと発揮できないです!

とりあえずは血行障害より治療していくことが重要だと思います。 血行不良の解決には、顔のコリをほぐし、リンパの流れを好転させるマッサージがおすすめしたいと思います。

マッサージと言ったら警戒してしまいがちですが、今日お知らせするものは肌のお手入れと同時にやってみることができる非常にお手軽なもの。

プレッシャーに見舞われてしまうとなると、まぎれもなく継続しないっていうのは実体験で経験しております(笑)。

用意するものもとりわけ無くて、いつもご利用の乳液やクリーム、あとはあなたの指オンリーで大丈夫です。

 

合わせて読みたい記事

エイジングケアはクリーム抜きでは始まらない!