「冷たさは万病のもと」と言われている様に、冷たさはカラダの天敵であるのみならず、美容的にもかなりのトラブルを発生させます。

冷えによりカラダ中の血の流れが悪化すると新陳代謝だってダウンするから、お肌の新陳代謝が崩れてくすみやカサつきができる以外、むくみやすくなって、体重が落ちづらいカラダをつくりあげる要因にもつながります。

手を入れずに放っておくことはダメ! 冷え向上のために、「しょうがを食べる」「靴下を着用して就寝する」「熱いお風呂にゆっくりと浸かる」というような対応策を実施している人も大勢いることもあるでしょう。

しかしながら本当のことを言うと、このような一般的な冷え対策法が裏目が起こるケースも? 今日はその原因をお伝えし、ベストな対応策を見ていただきます!

冷え対策に摂るなら◯◯しょうがが正解!

日頃の食べ物にカラダを温かくする食物を利用することだって大事です。

冷えとり食品については注目されているしょうがではあるが、その取り入れ方によって、温める部位や温める力が異なります。

漢方や薬膳の世界では、生のしょうがを生姜(しょうきょう)、乾燥したしょうがを乾姜(かんきょう)と言って分類してます。

生姜は発汗作用でカラダの表面にある邪気を吹き飛ばす効力が期待できると言われているから、風邪の引き始め等に活用することが効果的です。

一方の乾姜はカラダをインナーから暖める効き目が強いというデータがあるから、冷えを良化することからありますと、乾燥したしょうがを利用することがイチオシになります。

成分的にみたところで、生のしょうがについては強い滅菌力を保持している「ジンゲオール」がたくさん入っていて、火に通して乾かすことによって、血の流れを促進させカラダが温まる具合に作用する「ショウガオール」が増加するそうです。

 乾燥しょうがは、しょうがをスライスしまして天日に24時間乾かすだけのことで、楽に作る事が実現します(家の中なら3日~1週間ぐらい、乾かしてください)。

紅茶やお味噌汁なんかにお好み次第でプラスするだけのことで、カラダがぽかぽかあたたまる事を感じ取ることができるはず。

作る時間の無い方は、しょうがを加温・乾きした一般的なしょうがパウダーというものを利用すれば効果的ですよ。

寝る時に履くなら靴下より、◯◯!

夜就寝する時に足下が冷たさて直ぐに眠れないといった人も大勢いると思われますが、靴下を着用して寝ることは安眠の質をダウンさせる可能性が見られるから、あまりオススメしません。

みなさんのカラダには、睡眠時、手と足より放熱して体温を下げつつも睡眠をとるといったシステムが完備されているためです。

靴下を着用して眠りに就いた際、足先に熱が閉じこもってしまい上手に放熱し切れなかったり、発汗することによって靴下が湿ってしまって、むしろ冷たくなる可能性もあると思います。

さらに、締め付け感で足首付近血の流れを邪魔してしまうことも。

何と言っても足元が冷たさちゃうケースでは、足先が開いているレッグウォーマーを履くことがイチオシ。

そんな時も締め付け感無しの、ゆるいタイプを選定して下さいね。

お風呂は、ぬる湯でもしっかり温まる◯◯浴で!

冷寒を正常化する絶好の機会と言ったら、なんといってもお風呂! 

面倒くさいからといってシャワーオンリーで終了させず、浴槽に浸かってきちんとカラダを温かくしたほうがいいでしょう。

であっても、「熱めのお湯に長く浸かる」ことがオススメだと言っているのではないです。

42度を上まわる高熱の風呂につかると交感神経のスイッチが入って興奮状態になって、血管も縮みしますから、寝入りが下がるだけに限らずお風呂を出た後むしろカラダが寒気ちゃう恐れもあるでしょう。

むしろ40度以下のぬるめのお湯ならば、副交感神経が刺激されてリフレッシュ事態に。

じんわり浸かることによって血管が拡大し、血の巡りが良くなる役目も担います。

しかしながら、そうかと言って入浴時間を長くすると大丈夫だと言っているわけではないです。

長湯をし過ぎると、お肌が元来抱いているうるおい感成分、NMF(天然保湿因子)が流出してお肌のバリア機能がダウンし、お肌のカサつきが進行する原因に

入浴においてはバラエティーに富んだ意図があるけど、“冷え見直しのことを考えて”“きれいな肌のことを思って”といった形でいったら、39度ぐらいのぬるめのお湯に15~20分くらい浸かることがベストと言えるのです。

 

おすすめ記事

エイジングケアはクリーム抜きでは始まらない!